Cannabinoid Magazine

水溶性カンナビノイドとは?その存在が指し示す未来のウェルネスを深掘り

2023年9月7日
「水溶性カンナビノイド?別にドリンク興味ねーし
「水溶性カンナビノイドとは?
 
 
「水溶性の利点とその科学とは?」
 
 
「飲料市場への影響と未来への課題とは?」

目次

*この記事に含まれる情報は、医療従事者からの情報に代わるものではありません。

はじめに

歴史と文化に深く根ざしたシンプルな植物が、現代のウェルネスや医療にどのような革命をもたらすのか、興味を持ったことはありませんか?
 
 
中央アジアや南アジアを原産地とする大麻植物は、レクリエーションのみならず、神事や精神的な利用から現代の医療まで、様々な役割を果たしてきました。
 
 
しかしその摂取方法はある程度限られています。なぜなら、従来のカンナビノイドは脂溶性であるためです。
 
 
わたしたち一般のユーザーは「脂溶性」と聞いても特に疑問を持ったり、使用用途の困難さに異議を唱えることもなく、「油に溶かして使えばいいよね」と、その成分が持つ性質を素直に受け入れ、Vape”オイル”に入れたり、CBD”オイル”を飲んだり、”バター”などと一緒にお菓子に混ぜたりして摂取してきました。
 
 
しかし、研究者や専門家の視点は異なります。
 
 
そこで、本日はカンナビノイドの消費方法を再定義しようとしている最先端の科学の結晶、水溶性カンナビノイドについてお話を進めていきたいと思います。

基礎知識:水溶性カンナビノイドとは?

カンナビノイドとは、大麻植物に含まれる化合物で、治療効果や娯楽効果をもたらすことはご存知の通りです。従来、これらの化合物は油性であるため、水と混ぜることは困難でした。そのため、長きに渡ってその消費方法は非常に限られたものであったことは既にご説明した通りです。
 
 
しかし、研究者たちはこの限られた消費方法に注目し、高度な科学的手法によりこれらのカンナビノイドを水に溶かせるように作り替えたのです。
 
 
一見すると、「ただ飲めるようになっただけじゃね?」と思いがちですが、水溶性カンナビノイドの出現は、潜在的な用途が爆発的に広がることを意味しており、もしかするとビバレッジ市場のゲームチェンジャーとなる資質を備えている可能性もあります。

水溶性の利点

水溶性カンナビノイドには、油性カンナビノイドと比較していくつかの利点があります。

バイオアベイラビリティの向上

水溶性カンナビノイドはより効率的に体内に吸収され、より早く安定した効果をもたらします。
 
 
「エディブル」と聞いて思い浮かべるイメージは、「効きが遅い」ため、「どの程度の効果があるか予想できない」が、「効果が長い」事だと思います。
 
 
この「効きが遅」く、「摂取量のコントロールが困難」という点はエディブルの最大の欠点です。
 
 
そのため、すぐに効果を得たいと考えているユーザーにはVapeでの摂取を推奨されますし、すぐに効果が現れるので摂取量のコントロールもしやすいと考えられています。
 
 
この欠点が水溶性カンナビノイドによって改善されたとしたら、吸引行為が苦手でかつ効果を早く得たい一般の方への門戸が開き、より多くの方にカンナビノイドが浸透する可能性があると思いませんか?

汎用性の高さ

 飲料、ローション、その他多数の水性製品に注入することができるため、これまでの用途の枠を超えて様々な商品に含めることができます。
 
 
飲んですぐに酩酊作用が現れる飲み物、そう、アルコールの代替として日本でもカンナビノイド飲料が人々の生活に浸透する未来はそう遠く無いかもしれません。

味と透明感

水溶性カンナビノイドは、オイルベースの製品とは異なり、残留物や後味が残らず、すっきりしているため、味の邪魔をしません。そのため、成分そのものの味や香りを消すために余分な成分を含める必要がありません。
 
 
更には油をわざわざ摂取する必要も無いわけですから、健康志向の方にはぴったりで、スポーツをされている方や脂質に気を使っている方などにも広く安心して使用してもらうことも可能です。

変化を支える科学

植物から水溶性物質への変換には、ナノエマルジョンと呼ばれるプロセスが含まれます。
 
 
このプロセスにより、カンナビノイド分子はより小さな粒子に分解され、水となじみやすくなるのです。
 
 
その結果として、安定して様々な製品に簡単に注入できる、水と相性の良い全く新しいカンナビノイドの形に変貌を遂げたのです。

飲料市場における水溶性カンナビノイド

水溶性カンナビノイドが最も大きく影響を与える可能性のある市場はやはりビバレッジ市場でしょう。
 
 
紅茶からソーダまで、カンナビノイド入りの飲料は、喫煙せずにカンナビノイドを摂取することができます。そのため、海外では新たなリフレッシュ方法を求めるユーザーの間で人気の選択肢となっているようです。
 
 
この市場に参入する企業が増えるにつれ、ユーザーはより多様なフレーバーや効能を期待できるようになるため、将来的には、頻繁にテレビで流れていたと言われるタバコのコマーシャルが現在は全く無くなったように、現在頻繁に流れているビールのコマーシャルなどもそのうち消えて無くなるかもしれません。

カンナビノイド消費の未来

水溶性カンナビノイドの出現により、カンナビノイド消費の未来は多様になりそうです。
 
 
飲料だけでなく、嗜好品、外用薬、さらには医薬品への応用の可能性も大いにあり得ます。
 
 
この多様性は、嗜好目的のストナー以外の一般ユーザーが、カンナビノイドから恩恵を受けるための革新的な製品や方法への扉を開いたと言っても過言ではありません。

水溶性カンナビノイドの課題と考察

ここまででご説明してきたように、水溶性カンナビノイドには多くの利点があるように見受けられますが、課題がないわけではありません。
 
 
まず、規制上のハードル、安定した投与量の調査、一般消費者の認識や意識改革など、これだけでも考えられる課題のほんの一部であると言えるでしょう。

まとめ

水溶性カンナビノイドの出現は、大麻産業がより多様で消費者に優しいモノへとシフトしようとしていることを意味するのかもしれません。
 
 
わたしたち一般ユーザーのみならず、生産者や販売業者も、業界が日々革新を続ける真っ只中にいます。このような過渡期では、情報をキャッチし、変化に適応する能力が生き残るためには必要不可欠と言えるでしょう。
 
 
ですが、非常にエキサイティングであることは間違いありません。
 
 
この渦に巻き込まれながらも手を伸ばしてキャッチした情報を今後も発信していきたいと思いますので、記事がイイネと思っていただけたら是非、LifeLUXのXアカウントのフォロー、RPをお願いします。

ということで、

の説明を終わります。

 

ここまで読んでくださって本当にありがとうございました!

 

(人´∀`).☆.。.:*ありがとぉ☆彡(*´ω`*人)

 

内容が面白いと思っていただけたらSNSの運用が苦手なわたしの代わりに記事をシェアしていただけるとアクセス数が増えるため運営の励みになります。

 

どうぞよろしくお願いいたします。

Twitter
Pinterest
Reddit

この記事に関連する記事

サイト内検索

サイトの管理者

中の人

中の人

Webクリエイター、ライターです。海外のカンナビノイド研究や論文を参考に、論理的な記事作成を心がけています。生活(Life)が豊か(Luxury)になるようこのサイトをLifeLUXと名付けました。「カンナビノイド情弱になるな!」をモットーに、わかりやすい説明を心がけています。応援よろしくお願いします。(_ _))ペコッ

一番読まれている記事

まだデータがありません。